ようこそ

ラドリン・コンサルティングでは、日系企業の社員や日系企業と取引する立場にある方々を対象に、専門分析やアドバイスを提供しています。 日本の多国籍企業が日本国外の拠点で自社のブランドや価値観、理念を社内外に向けてどのようにコミュニケーションすべきかに特に重点を置いています。 For more content like this, subscribe to the Rudlin Consulting Newsletter.

Share Button

Wally Olins CBE 1930-2014

I was very sorry to hear of the death of Wally Olins on Monday.  Although he was 83, and had recently undergone an operation, it seemed he was recovering well, and I was looking forward to his postponed book launch … Continued

Share Button

Uniqlo will be global by becoming local – founder Yanai interview

Fast Retailing, holding company for Uniqlo, Princesse tam.tam (lingerie), Comptoir des Cotonniers, Helmut Lang and other brands probably ought to be in our Top 30 Japanese employers ranking as Princesse tam.tam and Comptoir des Cotonniers have over 2000 employees between … Continued

Share Button

ホンダがイギリスで人員削減、欧州従業員数でトヨタ、日産との差が拡大

本田技研工業のイギリス子会社が2014年3月25日、イギリス・スウィンドンにある2つの自動車製造工場のうち1つを閉鎖し、340人の人員削減を行うと発表しました。欧州市場での販売実績が予想を下回るペースとなっていることを受けた決定です。ホンダは昨年にも500人以上の人員削減を断行しており、欧州での従業員数はトヨタや日産よりもさらに少なくなる見通しです。 欧州の日系企業トップ30社のランキングにおけるホンダの地位は変わっていません(先のブログ記事に掲載した表は、以下のように改訂されています)。が、今回の人員削減の結果、武田薬品工業に14位の座を明け渡す可能性があります。 売上高で日本国内首位の製薬会社となっている武田は、2011年、スイスのナイコメッドを買収したことで、このランキングに初めて食い込みました。他のランキング初登場企業には、三菱化学、三菱レイヨン、田辺三菱製薬、三菱樹脂などを傘下に含む三菱ケミカルホールディングスがあります(ルーサイトの方からご指摘いただきました)。 ソニーが欧州および全世界で過去1年にわたって進めてきたリストラは、このランキングにも表れました。ソニーの順位は、これまでの4位から5位へと後退しています。 また、富士通の元同僚のリクエストを受けて、この統計に情報を追加しました。全従業員数に占める日本国内の従業員割合の見積もりです。これはなかなか興味深い情報です。これにより、その企業がどれだけグローバルか、また欧州の従業員数が相対的にどれだけ多いか少ないかを見て取れるようになるためです。 この情報は以前から部分的に収集してきましたが、今回改訂するにあたって見積もりが難しい企業もありました。その理由は、日本で持株会社が増えていることです。 例えば、富士フイルムホールディングスには、富士フイルム、富士ゼロックスのほか約60社の企業が含まれています。これは、富士フイルムがカメラのフィルム製造業から大きく多角化してきたことに伴います。日本国内の従業員は1万8,500人と見積もりましたが、この数値は富士フイルムと富士ゼロックスの日本国内の従業員数の合計です。ですから、「少なくとも」という最低人数の見積もりととらえていただかなければなりません。 というわけで、さらなるご指摘を受けて改訂したランキングは以下のとおりです。皆さまからの情報提供にお礼を申し上げます。今後もどしどし情報をお寄せください! For more content like this, subscribe to the Rudlin Consulting Newsletter.

Share Button

日立が鉄道システム事業本社をイギリスに移転、欧州日系企業のランキングでトップ10へ

グローバル化に必要な抜本的改革を実行するには、本社を日本国外へ移転するしかない――。昨年12月の日本出張中、面会した日本企業の担当者からこのような意見を何度も伺いました(これについては、以前のブログでも紹介しました)。もちろん、リスク嫌いの日本企業にとって、そのようなことを一気に成し遂げるのはあまりにも過激です。とはいえ、過去数年の間に多くの企業が、一部の事業部門や業務機能の本社組織を海外、例えばシンガポールなどへ移転してきました。 ですから、日立が鉄道システム事業の本社をイギリスへ移転すると決めたことは、決して前代未聞というわけではありません。とはいえ、「多国間」モデルが多国籍企業にとっての未来だと考える私たちにとっては、なおもエキサイティングなニュースでした。日立はイギリスでここ数年以内にザ・レイルウェイ・エンジニアリング・カンパニー(およびホライズン・ニュークリア・パワー)を買収しており、この結果、欧州におけるグループ企業の従業員数は約1万1,500人に達しています。 欧州の日系企業の従業員数ランキングでは20位に入っていて、鉄道事業で予想される1,500人の追加雇用が本当に実現するのであれば、トップ10へと躍進します。 従業員数に基づく欧州の日系企業トップ30社のランキングは、現在以下のとおりです(私の見積もりで、多くの欠点があることは自認しています)。ここに列挙されている企業の多くは、大規模な買収を通じてこの規模に達しました(富士通、リコー、旭硝子、日本板硝子など)。これら30社の従業員数合計は約25万人です(ただし、これにはアフリカおよび中近東の従業員も含まれています)。JETROが見積もっている欧州の日系企業の従業員数は43万7,000人ですので、上位30社がかなりの部分を占めていることになります。(このランキングは後に改定されました。改訂版はこちらのブログをご覧ください。) For more content like this, subscribe to the Rudlin Consulting Newsletter.

Share Button

Most popular companies with Japanese graduates

I alway find the rankings published each year by various organisations in Japan of which companies are most favoured by university graduates fascinating reading, giving insights into how the economy and societal trends have impacted the reputation of Japan’s blue … Continued

Share Button

Only 17% of Japan’s CEOs have global experience thanks to takotsubo (octopus pot) appointments

Only 17% of CEOs in Japan have worked outside Japan, according to a survey of 2500 listed global companies in 2012 by Booz & Co.  This compares to the overall global average of 45%, and is barely higher than China’s … Continued

Share Button

Succeeding in a Japanese Company Telesummit

I’m one of the interviewees at the Japan Intercultural Consulting “Succeeding in a Japanese Company Telesummit” – a series of interviews broadcast over the internet over March 4th-20th. It’s free to register and listen during that period, and downloads can … Continued

Share Button

6 of the top 10 “really good companies” to work for in Japan are foreign owned

Diamond magazine has countered Nikkei Business’s report on the “Great Places to Work” survey with its own report, in conjunction with Vorkers, a Japanese site similar to Glassdoor, which collects employee’s ratings (48,000 of them so far) on their employers … Continued

Share Button

Kubota – we’re thinking about having a foreign director

Yasuo Masumoto, President of the $12.6bn tractor and heavy equipment maker Kubota Corporation, said in a recent interview (in Japanese, subscription only) that he was “thinking of appointing a foreign director”.  More than 50% of Kubota’s turnover is overseas and Masumoto … Continued

Share Button

Foreign and start-up firms dominate “Great Places to Work” in Japan

Foreign owned companies in Japan dominate the 2014 ranking of Great Places to Work in companies with over 1000 employees, with Microsoft Japan taking the top spot, American Express at #3, Prudential Life Insurance at #5, Eli Lilly at #6, … Continued

Share Button